きっかけとの出会い方

2019年06月04日

6月1日2日(土・日)に石川県産業展示館4号館で行われた「ミリオンロック」。本学学生がボランティアとして参加するため、様子を見てきました。
 
2日間で参加した大学生および短大生はのべ86名。オレンジ色のスタッフTを着て、ごみステーションで作業をしていました。
 

会場内にいくつか設置されているごみステーションをチームごとに担当し、ごみの分別をサポートするのが主な業務内容。簡単な仕事に思えますが、勤務時間は立ったまま。
ただごみを捨ててもらうだけでなく、どうしたら気持ちよくお客さんたちに過ごしてもらえるかを考えている人もおり感心しました。確かに、声掛け一つでミリオンロックそのものに対する印象も変わります。

今年は一人で参加した学生も多数おり、全く知らない学生同士で同じ仕事をするのは新鮮だったと思います。この出会いから新たな人の輪が広がってくれたら面白いです。

私も初めて音楽フェスに参加したのは大学4年生。
その時なんとなく世間話をした社会人のお兄さんに「普段めちゃくちゃ仕事をして、休みたい時に休んでフェスに行く。社会人もなかなか楽しいよ!」と言われたその言葉が15年経った今でも深く心に残っています。
 
 

その他

道下 知子
Tomoko Michishita

プロフィール

金沢星稜大学進路支援課職員
南山大学法学部法律学科卒業

能美市出身、能美市在住。
大学卒業後、アパレル、人材サービス関連の企業で勤務を経験し、社会人6年目から金沢星稜大学へ入職。
夫、三人の子供、母、祖母の4世代7人大家族。家庭で子育ての大変さを痛感し、仕事に癒される毎日。
趣味は音楽鑑賞、楽器演奏、生け花(草月流4級師範)、キャンプ、マスキングテープ収集。

アーカイブ

この投稿者の新着記事

page top