星稜ナイン☆GOOD LUCK☆

2019年03月20日

全国制覇のプレートを前に監督、部長、顧問、全部員であいさつ。

平成最後の全国高校野球選抜大会に出場する星稜ナインの出発式が行われました。
午前8時前からグラウンドに集まった保護者、控え選手、学園関係者、報道陣に見送られ、ナインは笑顔で出発しました。

中堅手の代表としてプレーをする「東海林選手」の名前を「ショージ」とお神酒でグラウンドに。

出発前、全部員が各々のポジションにつき、願いや誓いを込めてお神酒を捧げ、心を清めました。

二塁手グループはお神酒をまいたあと、気持ちをひとつに指を天へ掲げました。

昨秋、同年代で唯一U-18野球日本代表に選出された奥川恭伸投手がチームにもたらした影響の大きさを先日行われた法隆寺国際高校・近江高校との練習試合で感じました。
技術はもちろんですが、日の丸を背負って戦う選手の精神が星稜野球部にも流れたように思います。
スターティングメンバーとして名を連ねている選手だけではなく、1,3塁の各ランナーコーチ、ベンチで控えている選手の全員が、一球ごとに、的確な指示をしており、今の星稜野球部は束として一層強くなっています。
甲子園では、スタンドから声援を送る部員、応援団、観客も巻き込み、スタンドもグラウンドも星稜カラーに染めましょう!

星稜の初戦は、開幕日の23日。相手は、星稜と同じく優勝候補の一角といわれる大阪の履正社高等学校。
応援団の期待、球場の熱気を力に変えて、今までやってきたことを出し切ってほしいと思います。

星稜ナイン、GOOD LUCK!!

その他

川本 真夢
Mamu Kawamoto

プロフィール

ベーブルースの99年後に誕生。立命館大学経済学部経済学科出身。大学時代、アマチュア野球を年間200試合観戦。
人生の最終目標は、強豪校硬式野球部の寮母になること。

アーカイブ

page top